総量規制でも借りたい

金融機関からお金を借りる際に最も考慮したいのが、総量規制による貸付上限の設定です。貸金業法によって定められている総量規制では、貸金業者からお金を借りる際の上限金額が年収の3分の1までと制限されています。年収が低い方や高額な融資を希望している方は、総量規制が借り入れの邪魔をしてしまう可能性が否定できません。

 

しかし、総量規制が制限しているのは貸金業者からの融資だけです。つまり銀行カードローンは総量規制対象外となっており、年収額に関わらず融資を受けることが可能になっているのです。

 

「貸金業法」によって決められた仕組みで、「借入の合計金額は年収の1/3までとする」という内容です。
総量規制オーバーでも借りれる? もう大丈夫です!おすすめカードローン紹介所

 

年収が低い方の融資

 

金融機関からお金を借りる時は総量規制に注意

 

年収が低い方やどうしても高額な融資を必要としている方の場合は、銀行カードローンの利用が効果的です。総量規制対象外のカードローンでは、融資額は審査の結果によって決められます。年収額も返済能力の判断では非常に重要な要素となりますが、年収が融資限度額を制限してしまう心配はありません。

 

たとえ年収が低くても、その他の要素が優良であれば返済能力が高いと判断され、貸金業者からでは不可能な金額の融資も可能になるかもしれないのです。ここで注意したいのは、銀行系消費者金融の扱いです。

 

消費者金融の中には銀行系列の会社もあります。こうした会社は銀行系消費者金融と呼ばれており、一般的な消費者金融とは少々異なる存在となっています。

 

銀行が経営母体となっている為資金力が強く、一般の消費者金融よりも低金利での貸付が可能なのです。

 

銀行系消費者金融の安心感とサービス

 

現在は大手の消費者金融の多くが銀行系消費者金融となっており、比較的低金利なことと充実したサービス内容から、利用者も増えています。

 

しかし、銀行系消費者金融はあくまで貸金業者であり、総量規制対象外にはなっていません。銀行系列の安心感はありますが、高額な融資を希望する場合は総量規制がネックとなる可能性もあることを忘れてはいけないのです。

 

どうしても総量規制以上の融資を受けたい場合は銀行カードローンを利用し、少額の融資で事足りる際は銀行系消費者金融を選択するなどの使い分けを心がけましょう。